メニューを閉じる
青葉区青葉台のギター教室 井桁ギター教室

講師のご紹介


主任講師
槐 智明(さいかち ともあき)


栃木県出身。
小さい頃からピアノを習い、言葉で表現するのが上手くなかった私は、音楽を自分の心の表現の一つとしていました。ピアニストを目指していましたが、手も体もとても小さく鍵盤が届かなくて、先生に泣いて「もうピアノは諦める」と電話したこともありました。それでも音楽が大好きで、毎日ギターを弾くのは楽しみで、とても気持ちのよい時間でした。
この楽しさを皆さんに感じて欲しい。手が小さくても全く関係ないと胸を張って言えます。だって本当に小さいんだもん、しょうがない!!笑  ドイツに留学して音楽の素晴らしさ、人の優しさ、慣れない海外生活の厳しさ、に触れ大切なことを学びました。それらの経験を生かし、音楽を楽しむお手伝いをさせて頂けたらと思います。ぜひ皆さんの生活に音楽を!!

担当

グループレッスンクラス
プライベートレッスンクラス 火、水、木、土曜日、
スペシャルクラス

講師 
山田 雄太(やまだ ゆうた)

横浜市出身。
小学校の頃は野球選手になるのが夢で、本気で取り組んでいましたが身体も小さく中学卒業の時に野球の道は諦めました。
その頃、父親のギターが家にあったことがきっかけでギターを始め、音楽で自分を表現することに魅力を感じました。元々、研究するのが好きなので、さらにいろいろな音楽を研究しようと思い洗足音楽大学のジャズギター科に入りました。そして、そこでクラシックギターとの出会いがあり、その音色に魅せられて転向し大学院はクラシックギター科に進学しました。
様々な音楽について勉強したことを生かし、クラシックギターだけでなくギターアドリブなど、いろいろなジャンルの曲を楽しくレッスン出来ればと思っています。

担当

グループレッスンクラス 土曜日 
プライベートレッスンクラス 月、土曜日 

グループレッスン副主任講師
北原 有紀(きたはら ゆき)


東京都出身。
13歳から部活をきっかけにギターを始め、クラシックギターの優しい音色や独奏曲の楽しさに魅了されました。
洗足音楽大学時代にはギターより声楽にのめり込んだ時期もありましたが、歌手の道のりの険しさに諦めることに。
そんな中、ふと自分が昔習っていたギターの先生を思い出し、身近に寄り添える「街のギターの先生」になりたいという気持ちが芽生えました。
現在は結婚、出産し、家事、育児に毎日奮闘中。女性講師として、"なんでも気軽に相談出来る先生"を目指していますのでお声がけしてくださいね。

担当

グループレッスンクラス


講師
林 祥太郎(はやし しょうたろう)

福岡県出身。
僕にとっての人生最大の分岐点は大学4年の頃です。
周りの友達がみんな就職する中、一人スペイン留学という未知の世界へ飛び込みました。そこからの音楽人生は文化や言葉の違い、コンクールでの戦いなど、苦労の連続でした。
でも今ではこうして皆さんとクラシックギターの魅力を共有できる日々に幸せを感じています。
13歳の時、ギターに目覚めてからこれまで、僕はこの楽器の音色に何度も救われて来ました。そこには他のどんな楽器にも代え難い"暖かさ"があります。
これから始めるクラシックギターが、あなたにとって心の拠り所のような存在になったら嬉しいです。

担当

グループレッスンクラス 水曜日 
プライベートレッスンクラス 水、金曜日


講師 
上阪 泰浩 (こうさか やすひろ)


千葉県市川市出身。
16歳の時にたまたまテレビで見たクラシックギターの音色に魅かれクラシックギターを手にしました。
ギターの先生方、友人達とギター音楽を楽しみながら学ぶことができました。様々なギター演奏や音楽に出会ううちに、ギタリストになろう!とスペイン留学を決意。
スペインに渡り、言葉の壁がある世界の中でもギターを弾くと、言葉の壁を超えて音楽でコミュニケーションが取れるということに気が付きました。
私のクラスでは一人一人の生徒さんとの繋がりを大切に、ギターで音楽をする喜びを分かち合う、そんな場になれたらと想っております。

担当

グループレッスンクラス 火曜日 
プライベートレッスンクラス 火、金曜日
スペシャルレッスンクラス


講師 
濱口 仁邦(はまぐち まさくに)


高知市出身。
スピッツに憧れ、11歳でフォークギターを始めました。
次第に、ギター1本だけでメロディと伴奏が弾けるクラシックギターに興味を持ち、日々練習に打ち込むようになり高校時代にはコンクール入賞も。そのことが認められ早稲田大学に入学し、大学では教育学を勉強することができました。
卒業後は、アルバイトをしながらギタリストをめざす生活を続けていました。でも音楽で生きていく道は厳しく、諦めかけていた時期に友人の誘いからCD録音やコンサート活動などの機会を得られるようになり、さらに各音楽教室からも講師としてのオファーを受けることができました。
レッスンでは、従来のテキスト以外にも、より現代的で、なじみやすい曲、綺麗なハーモニーやノリのいいリズムの曲も使って、(時には自分で作曲して)生徒さんが無理なく上達出来る方法がないかと日々研究しています。

担当

グループレッスンクラス 木曜日
プライベートレッスンクラス 木曜日


特別講師 
富川 勝智(とみかわ まさとも)


北海道出身。
僕はクラシックギターを弾きたくて始めたわけじゃありませんでした。そう、あれは小学5年の時でした。テレビで見た津軽三味線の巨匠高橋竹山の演奏で雷に打たれたような衝撃を受けた僕は母親に「あの楽器を習いたい」と言いました。
そして、母が探してきたのはクラシックギター教室。「似たようなものだから」と。中学生になって友人に指摘され違いに気づいたのでした。それでも音楽大好き、楽器大好き!になっていた僕はロックからフュージョン、パンクバンドまで雑食のエレキギター人生を歩み始めました。
大学生の頃、ホセ・ルイス・ゴンサレス先生の演奏会で2回目の「雷に打たれたような衝撃」。やっとクラシックギターの美しさに目覚めました。
音楽の根本は「人を衝き動かすパワー」です。そこには全音楽共通の基本理論があります。やるのであれば、徹底的に。自分の演奏が他人の人生を変えてしまうような「本当の技術」と「本当の表現理論」を身につけて欲しいと思って指導しております。

担当

プライベートレッスンクラス 月曜日
スペシャルレッスンクラス